秋の味覚をたっぷり味わいました!

2017年9月22日

9月22日

 

むし暑かった夏から少しずつ涼しい風が吹きはじめ、秋らしくなってきました。

秋といえば食欲の秋!

今日の給食は秋の味覚の代表、さんまを焼きました。

焼いていると、園庭中にさんまの焼けるいい匂いが…

こども達も魚が気になるようで、「さかな?これさかな??」「なんのさかな?」

と興味深々に見ていました。

炭火で焼くさんまは、普段のグリルで焼く時とは違う香ばしい匂いや味がして大好評!

「しっかり噛んだら大丈夫だった!」と、骨まで食べてしまう程でした…

美味しかったぁ… また食べようね!

 

さんまを焼いた後に炭が残ってしまったので、何か焼けないかなぁ??と給食室を覗いたらそこには今日届いたばかりの栗が…

これは焼くしかない! ということで、その場ですぐに焼き栗を作りました。

栗に少し切れ目を入れて、アルミホイルにつつんで炭の中にぽーい!

栗の歌を歌いながらしばらくすると、「パーン!!」とはじける音と共に栗が弾け飛んでしまい、みんなでびっくり!!

子どもと一緒に「なんで ばくはつするのかな?」と不思議そうに見てました。

 

焼けた栗はホクホクしててとってもおいしかったです。

今度はどんな秋の味覚に出会えるかな??

お楽しみに!

 

 

 

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

メールアドレスは公開されません