助産師さんによるバースディプロジェクト

2019年12月23日

12月23日  毎年さくら組(年長組)は、助産師さんから大切なお話をききます。

それは、「命」のお話。「バースディプロジェクト」

「みんなのお誕生日、それは何の日でしょう。」というお話から始まりました。

誰にも赤ちゃんの頃があったのよ!ということで、担任の生後間もない写真もみんなで観ました。子どもたちは写真と本人とを見比べながら、何だか不思議そう?!

紙芝居をみたり、赤ちゃんが産まれる劇をみたり。みんなで、一人一人が命の重みを感じた時間でした。

赤ちゃんの抱っこの仕方を教えてもらいながら、人形を抱っこすると「重たい」という声が。

産まれてくる命を一番に受け止めてくださる助産師さんのお話がとても温かく、子どもたちも、じっと聞き入っている姿がありました。

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

メールアドレスは公開されません